海外留学の「ちば留学センター」
ちば留学センター
平日10:00~19:00(土日祝のカウンセリングは完全予約制)

アメリカ大学奨学金プログラムCAP受講生レポート

ちば留学センター永嶋です。ようやく1学期も終わり、夏休み!!!

ちば留学センターではこの夏休みにひとりで留学する高校生、そして、保護者様等が毎日のように来てくださっています。

千葉デスクからは4名が出発します。現地の大学から入学許可証が届き、ビザ申請をし、発給を今か、今かと待っている段階です。

 

海外の大学は入学よりも卒業するのが大変だと聞いたことがあるかもしれませんが、

きちんと卒業できるように行っているのがCAP(College Application Program)です。

IYEOの「留学準備のためのトレーニングプログラム」です。アメリカへの大学への出願手続き、エッセイの書き方の指導、アメリカでの生活の注意点など卒業までのトータルサポートを目的としています。

研修は大阪生まれ、関東育ち、マイルドな関西人、山田さんが楽しく、そして時にはきびしく丁寧に、指導させて頂いております。

 

さて、今回は2020年夏出発予定のCAPの受講生にインタビューをお届けします!!

 

♣プログラムに参加しようと思ったきっかけは?

・自分が外国人と仕事をしたいと考え始めたので

・英語力を磨きながら、学びたい分野が学べると思った

・他のプログラムを調べたが、IYEOのプログラムのほうがお金の負担が抑えられる

・大学受験を2度失敗して、アメリカの大学に将来の可能性を感じたため

・合気道の先生に、プログラムを薦められて、興味を持ったため

・アメリカ大の模擬授業を受けて、興味を持ったため

・日本の暗記型の授業より、アメリカの解決側の授業が面白そうだったから

・ダブルメジャーができ、色々な学問を学ぶことができるから

 

♣出発まで大変だと思うことやがんばっていることは?

・英語力の準備(IELTSスコアアップ、英語力アップ、エッセイの書き方など)

BBCラジオを聴く、TEDでプレゼンテーションの勉強

スピーキング練習でシャドウイング

・一度覚えた単語などをアウトプットする機会がなく、実践がむずかしい

 

♣アメリカの生活で楽しみにしていることは?

・寮生活、大学での学習、異文化に触れること

・友達づくり

アメリカでできた色々な国籍の人と友達になり、コミュニケーションをすること

これまで会ったことのない国の人と話をしてみたい

 

♣将来の夢は?

・翻訳者

・国連職員、通関士、途上国などの教育分野に関する仕事

・英語を使って、ほかの国の人々と仕事をしたい

・将来の夢はアメリカでの生活で見つけたい

 

こちらの記事を読んで、アメリカの大学に興味をもってくれた方は個別相談または説明会にご参加ください!!!

加盟団体


ちば留学センターは青少年異文化交流推進協会の千葉相談デスクとして各種異文化交流活動の普及啓発活動に協力しています。

【お問合せ】
青少年異文化交流推進協会/千葉相談デスク
〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-14-3
中村学園Nタワー2F ちば留学センター内
(JR千葉駅東口より徒歩10分・京成千葉中央駅より徒歩2分)
TEL:043-248-8011
E-mail: chiba@iyeo.org
URL:http://www.iyeo.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です