海外留学の「ちば留学センター」
ちば留学センター
平日10:00~19:00(土日祝のカウンセリングは完全予約制)

アメリカ高校交換留学・カナダ公立高校留学プログラム

アメリカ高校交換留学

 

アメリカ高校交換留学プログラム <2019年・第33期生>


アメリカ高校交換留学プログラムとは
アメリカの一般的な家庭や学校で異文化交流を通し、国際人として必要なものを身に着ける異文化交流プログラムです。米国受入奨学財団により、ハワイ州・アラスカ州を除くアメリカ全州の公立高校から選定されます。参加者は1学年間の期間限定、アメリカの公立高校に就学し、アメリカの一般家庭で家族の一員として日常生活を体験します。高校時代にアメリカで過ごす経験は貴重なものとなり、「異文化交流の大切さ」を実感出来ます。

ポイント
・認可を受けた米国受入奨学財団によるプログラム運営
・アメリカの高校生活をそのまま体験
・アメリカ人の生徒と一緒に授業を受け生活します。
・ボランティアのホストファミリー(米国受入奨学財団選定)
・交流訪問者(J-1)ビザで渡米
・滞在期間はアカデミックイヤー(1学年間)です。
・一般的に9月上旬~翌年6月中旬または下旬
・単位履修が留学扱いとして認められる(最高36単位まで単位修得を認定)
・アメリカの高校における履修を日本の在籍高校で履修したものとみなします。

応募資格
・2001年4月2日以降、2004年4月2日以前に出生の中学3年生、高校生、高等専門学校生
・健康、学習意欲、協調性、順応性が高く、異文化交流に関心のある方
・過去3年間の主要5教科の学期毎の成績平均点が5段階中3.0以上であること(3.5以上が望ましい)
・英語力(米国受入奨学財団が定める英語能力試験の所定スコア提示)があること
・アメリカ高校交換留学制度に対し、保護者と日本の在籍校からの同意が得られる方
・帰国後の日本の在籍校への復学、または日本の在籍校での卒業に対し同意が得られる方

募集期間
2018年4月1日~2019年3月9日
※定員に達し次第締め切り

申込手順 (国内選考)
※保護者同伴の面接、国内選考試験を受けていただきます。
・国内選考申込時必要書類
・アメリカ高校交換留学申込書
・過去3年間分の通知表のコピー
・現学年の通知表のコピー
・国内選考料 10,000円(消費税別途)

※千葉相談デスクで説明を受け、アメリカ高校交換留学プログラムの主旨及び内容を十分理解いただいた上でのお申込みになります。

プログラム~お申込みから出発まで~

前年4月 説明会・個別面接に参加

国内選考試験受験・保護者同伴面接

プログラム申込み

米国受入奨学財団 英文出願書類作成・提出

出発年3月 最終提出期限:3月31日必着(米国受入奨学財団あて)

5月   米国受入奨学財団・合格通知

6月   渡米準備・J-1ビザ取得、出発前オリエンテーション

7月   最終オリエンテーション

8月   出発!!

過去の参加者の就学高校(例)
American Fork High School -ユタ州
Baileyville-St.Benedict High School – カンザス州
Central Bucks East High School – ペンシルベニア州
Clovis High School – ニューメキシコ州
Cypress Ranch High School – テキサス州
Denamark High School – ウィスコンシン州
Hill Mcloy High School – ミシガン州
Neville High School – ルイジアナ州
New London Spicer High School – ミネソタ州
Northwest High School – ミズーリ州
Preston High School – アイダホ州
Victor Valley High School – カルフォルニア州
West Marion High School – ミシシッピ州

アメリカ高校交換留学プログラム 参加者所属高校一覧

<県立> 35校
県立船橋高校、県立京葉高校、県立国府台高校、県立佐倉東高校、県立松戸向陽高校(旧:県立松戸秋山高校)、県立沼南高柳高校、県立船橋古和釜高校、県立啓明高校(旧:県立船橋西高校)、県立船橋東高校、県立東葛飾高校、県立柏南高校、県立白井高校、県立国分高校、県立千葉商業高校、県立千葉東高校、県立千城台高校、県立大原高校、県立佐倉高校、県立生浜高校、県立東金高校、県立市川南高校、県立大多喜高校、県立検見川高校、県立匝瑳高校、県立千葉女子高校、県立千葉西高校、県立成田国際高校、県立成東高校、県立幕張総合高校(旧:県立幕張西高校)、県立松戸国際高校、県立茂原高校、県立薬園台高校、県立若松高校、県立小見川高校、県立松尾高校

<市立> 2校
市立稲毛高校、市立習志野高校

<私立> 20校
国府台女子学院高校、秀明八千代高校、昭和学院高校、成田高校、千葉英和高校、翔凛高校(旧:千葉国際高校)、日出学園高校、二松學舍大学附属柏高校(旧:二松学舎大学附属沼南高校)、日本大学習志野高校、日本体育大学柏高校(旧:柏日体高校)、八千代松陰高校、聖徳大学附属女子高等学校(旧:聖徳学園短期大学附属高校)、専修大学松戸高校、千葉敬愛高校、市原中央高校、私立西武台千葉高校、私立東海大付属浦安高校、私立愛国学園四街道高校、東海大学付属浦安高校、東京学館浦安高校

 

カナダ公立高校留学プログラム

 

カナダ公立高校留学プログラム <2019年・第5期生>

カナダ公立高校留学プログラムとは
カナダ公立高校留学プログラムとは カナダ・バンクーバー近郊ラングレー学区の高校に入学、異文化交流を通し視野を広げ、国際人として必要なものを身に着ける異文化交流プログラムです。ホームステイをしながら、一般的な高校生活、社会生活を経験、「異文化交流の大切さ」を実感します。アメリカ高校交換留学とは異なり、希望者は卒業までの留学が可能です。

ポイント
・カナダ英語はクリアーな発音で学びやすい
・90%以上が公立高校
・ラングレー地区での高校生活をそのまま体験
現地生徒と一緒に授業を受けます。クラブ活動や学校行事にも参加可能。
・ラングレー教育委員会認定のホストファミリー
・就学許可証(学生ビザ)で滞在
滞在期間はアカデミックイヤー(約10ヶ月)ですが、希望者は卒業まで留学継続が可能です。
一般的に9月上旬~翌年6月中旬または下旬。
通信制(リニア・システム)を採用している学校も一部あります。
・単位履修が留学扱いとして認められる(最高36単位まで単位履修を認定)
カナダの公立高校における履修を日本の在籍高校で履修したものとみなします。

応募資格
・申込時に中学3年生、高校生、高等専修学校生
・健康であり、留学や異文化交流に前向きな姿勢を持つ協調性のある方
・過去2年間の全科目成績平均点が5段階中2.5以上であること
・英語力があること(満たない場合は出発前までに対策する意志があること)(英語力確認テストあり)
・保護者の理解、同意が得られる方
・帰国後の日本の在籍校への復学、または日本の在籍校での卒業に対し同意が得られる方
・プログラムの主旨を理解し、留学中の約束を守れる方

募集期間
2018年8月1日~2019年3月15日
※定員に達し次第締め切り

申込手順 (国内選考)
※カウンセラーによる保護者同伴の面接、国内選考試験を受けていただきます。
・過去2年間分の通知表のコピー
(高校1,2年の方は、中学3年間の通知表および現時点までの通知表それぞれのコピー)

※千葉相談デスクでの説明を受け、カナダ公立高校交換留学プログラムの主旨及び内容を十分理解いただいた上でのお申込みになります。

プログラム~お申込みから出発まで~

前年4月 説明会・個別相談に参加

英語力確認テスト・保護者同伴個別面接

プログラム申込み

ラングレー教育委員会出願書類作成・提出

出発年3月 最終提出期限:3月25日必着(IYEOカナダ高校留学プログラム本部宛)

受入確認&受入校通知、プログラム費用お支払い

5月   渡加準備、就学許可証(学生ビザ)取得、出発前オリエンテーション

7月   最終オリエンテーション

8月   出発!!現地オリエンテーション

9月   就学校に入学・通学開始

ラングレー学区就業学校リスト(8校)
Aldergrove Secondary School
D.W. Poppy Secondary School
Langley Fundamental Middle & Secondary School
R.E. Mountain Secondary School
Brookswood Secondary School
Langley Fine Arts Secondary
Langley Secondary School
Walnut Grove Secondary School

ラングレー学区

地図提供:google

加盟団体


ちば留学センターは青少年異文化交流推進協会の千葉相談デスクとして各種異文化交流活動の普及啓発活動に協力しています。

【お問合せ】
青少年異文化交流推進協会/千葉相談デスク
〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-14-3
中村学園Nタワー2F ちば留学センター内
(JR千葉駅東口より徒歩10分・京成千葉中央駅より徒歩2分)
TEL:043-248-8011
E-mail: chiba@iyeo.org
URL:http://www.iyeo.org/