海外留学の「ちば留学センター」
ちば留学センター
10:00~17:30(月~金)

留学Q&A – 高校留学

高校留学

高校留学に関するQ&Aをまとめました。

日本と海外の高校はどう違うの?

国や州などによってカリキュラムは様々ですが、日本と大きく異なるのは自主性を重んじるということです。日本では時間割は学校側が決めていますが、海外では自分の興味がある科目を自分で組み立てることが出来ます。

短期でも高校留学できますか?

1週間からでも参加できるプログラムもあります。また、一学期間の留学もありますが、日本と海外とでは夏休みの期間も異なりますので、早めの計画が大切です。

日本と授業のスタイルは異なりますか?

日本では受け身の授業が多いのに対して、海外の高校はディベートやプレゼンテーションの授業があります。自分の意見を積極的な発言や行動が評価されます。

英語力はどの位必要ですか?

短期の高校留学では高い英語力は必要ありません。長期留学の場合は授業を理解できる英語力を身に着けるため、高校が提携する 語学学校や英語コースに通います。

海外留学の単位を日本の高校で認めてもらえますか?

文科省では「校長は留学を許可した生徒について、外国の高等学校における履修を在籍校の高等学校で履修したものとみなし、36単位の習得を認定することができる。」としています。実際の単位認定は留学した生徒の一人ひとりについて校長が個別に判断することになります。

高校留学のメリットは?

将来の可能性、高等教育の選択肢が広がります。高校留学を経験した人達の2人に1人は、その後、留学の大学へ進学しています。一方、日本の大学に進学する人たちは高校留学の経験や英語力を活かし、より高いランクの大学に出願、合格する傾向があるようです。「自分が何をやりたいのか?」に気づくチャンスになるでしょう。

高校留学を成功させるためにはどうしたらいいですか?

日本のことを思い出さないくらい、現地の生活に溶け込むことです。そのためにいろいろなことに興味を持ち、友達をたくさん作ると良いでしょう。英語が上手でなくても自分から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

高校留学の年間費用はいくらくらいかかりますか?

以下は参考の費用となります。授業料と滞在費を主に算出しております。都市や学校(州立または私立)、為替レートによっても費用は異なります。お見積りに関しては無料となりますので、お気軽にお問合せ下さい。

<私費高校留学>

国/期間 年間費用
アメリカ 約400~650万円
カナダ 約400~650万円
オーストラリア 約350~520万円
ニュージーランド 約300~450万円

 

留学Q&Aへ戻る

個別相談受付中

2018年秋出発 アメリカ大学奨学金プログラム(返済不要)締め切り間近!!
早期出願書類提出期限は11月30日です。

高校卒業後、海外で勉強することを真剣に考えていらっしゃる方も多いかと思います。
アメリカ大学奨学金プログラムは学費だけでなく、寮費や食費も奨学金の対象になることをご存知でしょうか。卒業まで毎年支給、しかも返済の義務はありません。
※奨学金支給条件は大学によって異なります。
2018年秋出発は現在高校3年生の方だけでなく、すでに高校を卒業した方も対象となります。まだまだ先の将来だけれども…という方のお問合せも大歓迎です。まずは資料請求または個別相談をご利用下さい。

【お問合せ】
青少年異文化交流推進協会/千葉相談デスク
〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-14-3
中村学園Nタワー2F ちば留学センター内
(JR千葉駅東口より徒歩10分・京成千葉中央駅より徒歩2分)
TEL:043-248-8011
E-mail: chiba@iyeo.org
URL:http://www.iyeo.org/