海外留学の「ちば留学センター」
ちば留学センター
平日10:00~19:00(土日祝のカウンセリングは完全予約制)

高校生夏休みセブ留学レポート めいさん

留学した人:めいさん(高校生・女性)

留学先:フィリピン セブ

滞在方法:寮

学校:Cebu Blue Ocean

留学期間:2018年7月21日~8月25日(5週間)

気候:だいたい晴れ。スコールでいきなり雨が降ることが多かったが、すぐに止む。

服装は女性も男性も半袖、ノースリーブ、半ズボンにサンダルが多かった。

 

学校の良かったところ:

1コマ1コマ種類が多くて、発音、文法、リスニング、ライティング、きちんと教えてくれるから自分の身になった。先生1人1人のコミュニケーション能力がすごい。平日金曜日になるイベントに先生が加わるとすごく盛り上がる。

困っていたら、まわりのみんなが気づいて手伝ってくれる。すごく優しい。

 

ショッピングモールまでの距離:

行きは15~30分 400~500ペソ(日本円で1,000~1,250円)

帰りは30~50分 500~600ペソ(日本円で1,250~1,500円)

※通勤ラッシュは混み合います。

 

寮:

部屋は週2回清掃してもらえるのできれいでした。

22~23時はシャワーが出にくく、冷たいときがあったが、受付の人に相談してよくなった。

食事はおかわり自由で、朝昼晩で決まっているから、バランスは良いと思う。

語学:

発音が良くなった!

 

フリータイム:

友達とモールに行ったり、アクティビティに参加したりした。

 

使ったお小遣いの費用:

1か月7~10万円

 

アドバイス:

長期間で行く人は爪切り、綿棒、洋服を多めに持参、肌があれた時用に薬を持っていくと安心。

物乞いの人がいるとき、お金など大事なものは小さいバッグに入れて前で持っていたら安全。

WIFIが日本よりも遅い。

 

体験談記:

はじめは一人で不安が大きかったですが、永嶋さんがサポートしてくださって、

安心して、アカデミーで過ごすことが出来ました。

色々な国の人と仲良くなって、日本に帰って来ても連絡を取り合っているので、帰国後も英語を使います。行って本当に良かったと思いました。

 

加盟団体


ちば留学センターは青少年異文化交流推進協会の千葉相談デスクとして各種異文化交流活動の普及啓発活動に協力しています。

【お問合せ】
青少年異文化交流推進協会/千葉相談デスク
〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-14-3
中村学園Nタワー2F ちば留学センター内
(JR千葉駅東口より徒歩10分・京成千葉中央駅より徒歩2分)
TEL:043-248-8011
E-mail: chiba@iyeo.org
URL:http://www.iyeo.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です